所沢おおぞらの行事

2021年11月の記事一覧

おおぞら祭 最終日

今日は、高等部1年生の発表及び販売が行われました。

素敵な衣装をまとった生徒たちが、「sky wizard!」というテーマにそって、ハリーポッターの世界観を、楽器の演奏やダンスなどで表現していました。

生徒たちの後ろに花火の映像が映し出され、とても素敵なステージでした。

作業班による販売は、高等部に入って初めてのことで、恥ずかしがっている姿も見受けられましたが、接客に一生懸命取り組んでいました。

    

  

 6日間の開催期間中、多数の保護者の方々に御来校いただき、本当にありがとうございました。また、コロナ感染対策のため、細かいルール等を定めさせていただきましたが、快くルールを守っていただきありがとうございました。皆様の御協力のおかげで、本日、無事におおぞら祭を終えることができました。

 児童生徒も、本当に楽しそうに歌やダンスなどのステージ発表や、これまでに制作したものの販売に取り組むことができ、さらに児童生徒の成長を保護者の皆様に見ていただくこともでき、とても有意義なおおぞら祭になりました。

 今後も、児童生徒の成長のために一生懸命教育活動に取り組んでいきますので、引き続き御協力よろしくお願いします。

おおぞら祭5日目

今日は、高等部3年生の発表及び販売が行われました。

ダンスや太鼓、エイサーなどの華やかな発表と、俳句、エクセルを使ったデータ分析、修学旅行へ行く東北で起こった東日本大震災について調べたことなどの発表がミックスされた、さすが高等部3年生と思わせるものでした。

発表後には、販売も行われ、ここでも呼び込み役の生徒がお客さんに声をかけるなど最上級生らしい素晴らしい接客でした。

文化祭も残すところ来週月曜日の高等部1年生を残すのみとなりました。発表が終わった児童生徒は、今週は疲れたと思うので、週末ゆっくり休んでください。高等部1年生の生徒は、月曜に思いっきり楽しむために週末ゆっくり休んで月曜日に元気に登校してきてください。

    

    

おおぞら祭4日目

4日目は小学部の発表が行われました。

小さな体をいっぱいに使って、元気いっぱいダンスや楽器の演奏等を頑張っていました。

子供たちの姿を微笑みながら見ている保護者の方々も印象に残りました。

小学生は、本当にかわいいですね。

     

おおぞら祭3日目

おおぞら祭3日目は、中学部の発表でした。

世界の各地域をテーマにした発表が行われました。また、各地域の文化を紹介しつつ、中学部の生徒が平素の授業で学んでいること、取り組んでいることも盛り込まれた発表でした。

保護者の方々からは、「家では見せない姿を見ることができ、成長していることが感じられた。」、「こんなことができるようになったんだと驚いた。」など児童生徒の成長が伝わったという学校としてはとてもうれしいお言葉をたくさんいただきました。

       

普通救命講習を受けました。

11月15日(月) 高等部A課程の生徒が、普通救命講習を受けました。

心肺蘇生法は箱状の練習キットを使って、AEDは人形と練習用AEDを使って、3時間講習を受けました。真剣な眼差しで消防署員の方の見本を見つめ、話をよく聞いて取り組みました。普通救命講習認定証を頂くこととなりました。

柳瀬分署の皆様、御指導ありがとうございました。

この事業は、埼玉県の助成を受けており、8月4日に高等部から2名の生徒が「令和3年度高校生災害ボランティア育成講習会」に参加もしています。そして、AEDトレーナー(人形)と簡易式心肺蘇生トレーニングキットを頂きました。

命を大切にし、命を救える子供たちを、一人でも多く育てられるよう活用させていただきます。