所沢おおぞらの行事

2022年1月の記事一覧

1月21日(金)の給食です。

 

  

  

  ・ご飯   ・牛乳   ・鮭の塩焼き

     ・小松菜のお浸し   ・つみっこ汁   ・果物(みかん)

 

   1月24日~30日は全国学校給食週間です。

   日本の学校給食は、明治22年に山形県の鶴岡町でスタートしました。

   当時のメニューは、おにぎり・焼き魚・漬物 でした。

   今日のメニューは、その当時に近いような物になっています。

   学校給食について、もう一度考えてみましょう。   

知的高等部 卒業生による講演会

本日、卒業生のみなさんが来校し、講演会が行われました。

感染症対策ということで、体育館でジェットヒーターを入れて実施しました。

1年会わない間にとても大人っぽくなった卒業生の皆さん。

「連絡・報告・相談とあいさつが大事です」「体力をつけておいた方がいいです」など、

社会人として仕事をするためにはこんなことが大事、ということをそれぞれの言葉で語ってくれました。

後輩の皆さんの心にもきっと届いたことと思います。

 

卒業生の皆さん、すてきなお話をありがとうございました。お仕事、頑張ってくださいね。

 

知的小学部 「文化芸術による子供の育成事業」森の五重奏団コンサート

知的小学部では、1月13日・14日に文化庁の「文化芸術による子供の育成事業~芸術家の派遣事業~」を活用し、「森の五重奏団」様によるコンサートを行いました。

新型コロナウィルス感染症への対策として、各学年ごとに、換気やマスクの着用などに十分気を配って実施しました。

当日は、オーボエやクラリネットなど、普段見聞きすることのない楽器がたくさん。

聞いたことのある曲も演奏していただき、どの学年もとても静かに鑑賞することができました。

「森の五重奏団」の皆さま、ありがとうございました。

 

1月14日の給食です。

 

 所沢おおぞら特別支援学校では、子供たちに給食のアンケートを取り、給食に反映しています。

 今日は子供たちのアンケートの上位であるカレーライスとフルーツヨーグルトを組み込んだ給食を提供しました。

 

  冬野菜をたくさん使用した、カレーライスです。 

 

  ・冬野菜カレー   ・牛乳   ・グリーンサラダ   ・フルーツヨーグルト

               

知的高等部事務班にお仕事をお願いしました

学校では、さまざまなお手紙類を御家庭に配布します。

今度お配りする予定のアンケートの印刷・封筒つけを知的高等部事務班にお願いしました。

  

印刷機で印刷したプリントと封筒を重ね合わせてホチキスでとめます。

予備も合わせ310部お願いしたのですが、ずれないように丁寧に仕上げてくれました。

 

生徒たちにとって、「本物の仕事」はこれまで学んだことを生かすいい機会です。

今やっている仕事の先に相手がいることを考えながら取り組んでいました。

外に出ることが難しい今、校内でもいろいろな体験ができるよう工夫しています。

 

できあがったアンケートは後日各ご家庭に配布します。ぜひ、彼らの仕事ぶりをよくご覧ください。